過払い金請求を諦めない

借金完済してから既に数年間経過しているからという理由で、過払い金の請求を諦めている人がいます。しかし、これはもったいない話しです。

過払い金の返還は国が貸金業者に命じたもので、利用者の正当な権利です。諦めずに請求してみませんか。

2006年以前に借金返済していれば過払い金が戻る可能性は高い

貸金業者に借金を完済した後でも過払い金請求はできます。過去に法定外の利息を貸金業者に支払っていた訳ですので当然の事ながら請求は可能です。

また、多くのキャッシング利用者は、過去に完済した分は、すでに終わった事と考えて過払い金請求をおこなわない人がほとんどです。これは、本来得られる権利を放棄しているのと同じ事です。

過払い金返還請求を行ったことで数十万円から数百万円まで、お金が戻ってきたという人がたくさんいますので、請求を検討しない手はありません。

ここで重要なのは、どれ位の期間グレーゾーン金利で借金を返済していたかという事です。
グレーゾーン金利は、利息制限法の上限金利15~20%から出資法の上限金利29.2%までに当てはまる金利のことです。

また、過払い金の有無は借金した時期でも判断できます。最高裁判所がグレーゾーン金利を違法と判決したのが2006年で、以降はこの金利に設定している消費者金融は激減しました。

そのため、2006年以前にサラ金を利用した人は過払い金返還が受けられる可能性が高いと言えるでしょう。

貸金業者は取引履歴を開示する義務がある

過払い金の有無を計算するためには貸金業者との取引履歴が必要になります。
かつての消費者金融などは過払い返還請求を拒否するために、様々な口実をつけて取引履歴の開示に応じませんでした。

このような事態を受けて、最高裁は金融業者に対して取引履歴の開示拒否を禁じたのです。
最高裁判決以降は、金融業者は取引履歴を開示することが義務付けられましたので、完済後の借り手でも過払い金請求ができるようになりました。

但し、注意点としては、完済後10年が経つと過払い金返還請求は時効となることです。最近では金融業者の営業状況も悪化しており、なかなか返還に応じない業者が増えています。

さらにこれらの業者が倒産するというリスクもあります。早めに返還請求をおこなうことをお勧めします。

取引履歴を調べませんか
繰り返しますが、借金を完済していても10年以内であれば過払い金は返還されます。過去に遡って、消費者金融だけでなくクレジット会社、信販会社のATMなどでキャッシングを繰り返した経験があれば、過払い金が発生している可能性があります。
もし、手元に取引明細などが無くても、貸金業者名が分かれば、相手に依頼して取引履歴を開示して貰うことは可能です。
しかし、中には個人から依頼には対応しない貸金業者もあります。その際には、弁護士や司法書士に相談してみましょう。
借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

債務整理の実績豊富な専門家【相談無料・全国対応】

サンク総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方、当事務所が最善の解決策を提案致します。迅速に、ご納得戴ける結果をお望みなら、まずは、無料相談をお受け下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

新大阪法務事務所
親切・丁寧・低価格を実現する借金解決の専門家です。お金の悩みを抱えた依頼者に親しみやすさと真剣さで全力で向き合います。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ