過払い金請求での弁護士の強み

弁護士に過払い金返還請求を依頼するメリットは数多くあります。

まず、弁護士には過払い金の回収額の制限(限度額)がありません。そのため、多重債務で多額の借金返済を続けて来た人は、多額の過払い金の回収が見込めますので、弁護士への依頼が適切です。

司法書士の場合は、「簡裁訴訟代理等関係業務」の資格があれば140万円以内の借金なら代理訴訟の対応ができますが、それ以上の金額は弁護士しか対応できないためです。

このため、多額の借金がある方は弁護士に相談する方が良いという判断になります。

弁護士は訴訟に強い

弁護士の強みは何と言っても訴訟(裁判)に強いと言うことです。過払い金請求の場合、貸金業者と示談交渉で決着しない場合には訴訟に発展しますが、弁護士であれば日常的に訴訟案件を取り扱っていますので、裁判の経験が豊富であり、その手続きにも慣れているということが言えます。

貸金業者も相手が弁護士だと訴訟を見据えた解決の落とし所を図らなくてはなりませんので対応も弱腰になる場合があります。

但し、弁護士でも債務整理や過払い金など借金問題に実績・経験を持った法律事務所でないと適切な手続きをおこなう事ができません。

また、中には依頼者の意向に沿わない解決を勝手におこなう法律事務所もありますので、途中経過の報告は必ず受ける必要があります。

借金問題に強みを持つ弁護士を選ぶ

消費者金融の担当者は毎日のように過払い金の交渉をおこなっていますので交渉に慣れています。ですので代理人となる弁護士がどれ位の専門知識を持っているか、過払い金請求の経験があるかすぐに分かります。

そのため、依頼する弁護士に必要なのは「借金問題に強い」という事になります。さらに、「粘り強く交渉をおこなう」、「熱意を持って過払い金請求をおこなう」という弁護士が、貸金業者としても一番やっかいな存在なのです。

1. 借金問題に精通した法律事務所

過払い金の返還請求には様々な事務手続きが必要になります。取引履歴開示請求、引き直し計算、書類作成、債権者との交渉、返金までの監視などがあります。

弁護士とともに、正確かつスピーディーに計算や事務処理をおこなえるスタッフが居ないと迅速な対応はできません。過払い金の請求は、弁護士の交渉力だけでなく、法律事務所の総合力も問われる業務でもあるのです。

2. 粘り強く交渉をおこなう弁護士

過払い金請求の場合、本来、弁護士は依頼者が求める解決の意向を踏まえて、それに沿って貸金業者と交渉をおこなうのが本筋です。しかし、ごく一部の弁護士の中には、できるだけ早く業務を終わらせたいという考えの元に貸金業者と勝手に示談を進めてしまう事務所があります。

依頼するのであれば、貸金業者の意向を調整しつつも、できるだけ依頼者の求める解決に沿って、粘り強く交渉を進めてくれる弁護士です。

3. 熱意を持って過払い金請求をおこなう

過払い金請求の報酬は、弁護士事務所によって違いますが、大体は着手金(債権者数)プラス報酬(%)と言うのが一般的です。

このため、例え報酬額が小さくなる見込みでも、依頼者のために一生懸命頑張ってくれる弁護士に相談したいものです。

借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

債務整理の実績豊富な専門家【相談無料・全国対応】

サンク総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方、当事務所が最善の解決策を提案致します。迅速に、ご納得戴ける結果をお望みなら、まずは、無料相談をお受け下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

新大阪法務事務所
親切・丁寧・低価格を実現する借金解決の専門家です。お金の悩みを抱えた依頼者に親しみやすさと真剣さで全力で向き合います。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ