任意整理の相談相手

借金の返済に追われている人の傾向として、どうしても自分1人だけで問題を抱え込む傾向があります。多重債務に陥った事が恥ずかしくて誰にも相談せずに、破産するまで、借入れと返済を繰り返す人がいます。

しかし、借金問題が大きくなる前に、事前にいろいろな人に相談する事で、協力して貰ったり、解決の道筋が得られたりするものです。

任意整理は、定職を持ち返済能力があり借金を減額すれば、完済できる可能性がある人がおこなう手続きです。債務整理の専門家や家族にできるだけ早く相談する事でより良い解決の道が開けます。

借金の専門家(弁護士、司法書士)に相談

任意整理の手続きを個人が1人でおこなうのは簡単な事ではありません。貸金業者は個人が相手だと交渉に応じてくれないケースがありますし、仮に応じてくれても、過払い金請求と減額交渉では十分な債務の減額が得られない可能性があります。

また、多重債務者の場合には、複数の貸金業者に取引履歴の開示請求をおこない、その利息の引き直し計算をしなくてはなりません。さらに、そのリストを元に借金の減額交渉をする事になります。事務手続き、計算、交渉と時間も手間も相応に掛かる事になります。

これらの手間を考えたら、費用を払ってでも専門家(弁護士、司法書士)に依頼した方が効率的であり、結果的に借金の減額幅も大きくなる可能性が高いでしょう。任意整理は交渉力が必要な手続きですので専門家に相談するのが最も確実な方法であるのは間違いありません。

任意整理を家族に相談

任意整理をおこなうことで、直接的に妻や子供に影響を及ぼす事はありません。自己破産や個人再生のように、官報に公告される事も無いですし、役所など公的機関に任意整理をおこなった事実が登録されるような事もありません。

また、妻・夫の職場や子供の学校にバレる事も無いでしょう。そのため、直接的に、家族に迷惑を掛けるような事は無いですが、実生活においては、任意整理により「クレジットカードが使えない」、「新たなローンが組めない」などの問題が出てきます。(信用情報機関に事故情報としてブラックリスト登録されるため)

例えば、車やマイホームを購入しようと思ってもローンは組めませんし、すべての買い物は現金決済にしなくてはならなくなります。家族に内緒で任意整理を検討する人がいますが、専門家の協力によりバレずに手続きをおこなう事は可能です。しかし、「任意整理後はカードが使えない」、「ローンを組めない」などの理由により、必ず家族にバレると思います。

できれば、家族の理解を得た上で、任意整理の手続きに入るのが望ましいと思います。

保証人に相談

任意整理は、借金整理したい債権だけを選んでおこなえる手続きです。例えば、借金に連帯保証人が付いている場合には、その借金を外して任意整理することは可能です。

もし、保証人が付いている借金を任意整理すると、債権者は間違いなく保証人に全額請求する事になります。その際に、事前に保証人に確認を取らないまま手続きに入ったばかりに、結果的に保証人に迷惑を掛けることになります。

どうしても、保証人が付いている借金を任意整理したい場合には、事前に相談の上、進めなくてはなりません。

任意整理の相談相手のポイント
・借金問題は1人で悩みを抱え込まず、周りの人に相談すること
・借金の専門家である弁護士、司法書士への相談が有効な手段である
・選択肢が破産しか無くなる前に、できるだけ早く専門家に相談する
・家族にも事前に相談して協力して貰う事が重要
・保証人付きの債務を任意整理する場合には事前に保証人に相談する
借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

債務整理の実績豊富な専門家【相談無料・全国対応】

サンク総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方、当事務所が最善の解決策を提案致します。迅速に、ご納得戴ける結果をお望みなら、まずは、無料相談をお受け下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

新大阪法務事務所
親切・丁寧・低価格を実現する借金解決の専門家です。お金の悩みを抱えた依頼者に親しみやすさと真剣さで全力で向き合います。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ