債務整理のQ&A

過払い金請求するとブラックリストに載りますか?
過払い金請求をすることでブラックリストに載るかどうかは、「すでに借金を完済しているか?」、「今も約定利率で借金返済中か?」によって違ってきます。

まず、完済後の貸金業者に対して過払い金請求をおこなってもブラックになることはありません。
過払い金請求は、民法に規定されている不当利得返還請求権という正当な権利の行使ですので、それをおこなうことで不利益な取り扱いを受けるというのでは困ります。

以前は過払い金請求をすれば信用情報機関に「契約見直し」という情報が登録され、以降の借入が難しくなることがありました。
しかし、現在では「契約見直し」情報も廃止されていますから、心配なく過払い金請求ができます

今も約定利率で返済中の借入金については、利息制限法による引き直し計算をした結果、過払い金が発生していればその請求はできます。

この場合は、返済は終わっている過去の利息分に対して過払い金請求をおこなう訳ですので、完済後の過払い金請求と同様で正当な権利行使となります。
そのため、基本的にはブラックになりません。

ただし、過払い金返還請求をしてから実際にその請求が認められるまでに手続上時間がかかってしまうことがあります。

その場合には、信用情報機関に一時的に「債務整理」という情報が登録される可能性があります。
なお、信用情報機関に登録された「債務整理」の情報は、過払いが確定した時点で削除されます。

また、返済中の借入金を利息制限法で引き直しした際に、過払い金は発生せずに残債務が残る場合があります。
この場合には、残った債務については返済しなければなりませんから、現時点での過払い金請求は認められません。もし、残債を返済できなければ過払い金請求ではなく債務整理の手続きが必要になります。

債務整理の手続きは、任意整理、個人再生、自己破産がありますが、いずれも信用情報機関に「債務整理」の情報が登録されてしまいますので、ブラックとなります。(登録情報が消えるまで5年程度かかります)

また、クレジットカードではキャッシング枠とは別にショッピング枠が付いています。もし、ショッピング枠に残高が残っていれば、過払い金請求できない可能性があります。
キャッシング枠の過払い金請求手続をすれば、過払い分はショッピング枠の返済に回されます。

そして、過払い分を使ってもショッピング枠の残高がゼロにならなければ、過払い金請求は認められません。
また、この場合には信用情報機関に「債務整理」の情報が登録されてしまう可能性があります。

債務整理のQ&A

自己破産後の携帯電話の購入方法を教えて
自己破産をおこなった後には、ブラックとなるためクレジットカードが使えなくなります。ですので携帯電話を新規で購入する際にはカードでの分割購入はできません。
自己破産後に借りるのが難しい賃貸物件を教えて
賃貸で借りる物件にもよります。一般的な賃貸物件には保証会社が付く事はめったにありませんが、高級賃貸物件や最新のマンションなどには、保証会社が付いているケースがあります。その場合には、破産がネックとなり審査が難しくなります。
自己破産後に就職(転職)できない職種を教えて
まず、自己破産の申立ての際には資格制限があるため就業できない職種があります。以下の職種は免責許可決定までは就業できません。
債務整理後に住宅ローンは組めますか?
債務整理をおこなうと、その後は一生住宅ローンを組めないのではないかと心配している方も多いと思いますが、結論から言えばその心配には及びません。
債務整理したことが家族や職場の同僚・上司にバレないでしょうか?
債務整理したことが第三者にバレるとしたら、まず一つは官報からの情報です。官報とは、政府の機関紙的な役割を持つ新聞のような形態をしたものです。
エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ