債務整理のQ&A

債務整理するなら弁護士と司法書士はどちらがいいですか?
2003年の司法書士法改正で、1社の訴訟額が140万円以下の債務整理案件は代理業務として受任できるようになりました。それ以上の金額を超えると司法書士は書類作成やサポート業務しかおこなえません。

ですので、借金額が多い人は無条件に弁護士を探したほうが良いですが、訴額が140万円以下であれば弁護士と司法書士どちらに依頼しても構いません。

借金問題の専門家の数だけで見ると、司法書士の方が多いようです。それは、弁護士の方が扱う法律業務が多岐にわたっているためでもあります。

また、費用面だけを見るなら司法書士の方が弁護士よりも報酬額は少なく設定している事務所が多いようです。

法律の専門家は各々得意とする分野があります。弁護士の中にも借金問題に詳しくない人も居ますし、司法書士も同じく登記業務しかやっていない事務所もあります。

どちらが良いかは一概には言えませんが、まずは債務整理や借金問題に精通している事務所を選ぶということが重要になります。

その中で、「どれだけ熱心に相談に乗ってくれるか」、「経験や実績は豊富か」、「費用がリーズナブルか」、「分割、成功報酬の支払いが可能か」などの条件面を見極めることになります。

また、電話相談や面談時の相性なども重要です。中には事務的な対応しかおこなわない事務所も存在しますので、事務所のポリシーについても確認した方が良いでしょう。

まとめると、費用面を重視するなら司法書士で、借金額が多く貸金業者と揉めているような複雑な事案なら弁護士が適任ということになります。その中で、ご自身にピッタリな専門家を選びましょう。

債務整理のQ&A

自己破産後の携帯電話の購入方法を教えて
自己破産をおこなった後には、ブラックとなるためクレジットカードが使えなくなります。ですので携帯電話を新規で購入する際にはカードでの分割購入はできません。
自己破産後に借りるのが難しい賃貸物件を教えて
賃貸で借りる物件にもよります。一般的な賃貸物件には保証会社が付く事はめったにありませんが、高級賃貸物件や最新のマンションなどには、保証会社が付いているケースがあります。その場合には、破産がネックとなり審査が難しくなります。
自己破産後に就職(転職)できない職種を教えて
まず、自己破産の申立ての際には資格制限があるため就業できない職種があります。以下の職種は免責許可決定までは就業できません。
債務整理後に住宅ローンは組めますか?
債務整理をおこなうと、その後は一生住宅ローンを組めないのではないかと心配している方も多いと思いますが、結論から言えばその心配には及びません。
債務整理したことが家族や職場の同僚・上司にバレないでしょうか?
債務整理したことが第三者にバレるとしたら、まず一つは官報からの情報です。官報とは、政府の機関紙的な役割を持つ新聞のような形態をしたものです。
エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ