債務整理のQ&A

債務整理のメリットとデメリットを教えてください
債務整理にはメリットもデメリットもあります。しかし、借金を法的に整理して身軽になれる訳ですからデメリットよりもメリットを考える方が健全です。

しかし、ご自身の中で「自己破産だけはしたくない」、「マイホームだけは手放したくない」など、譲れない部分があるようでしたら、弁護士・司法書士に相談することです。借金問題はほとんどのケースで良い方向に解決できます。また、解決が遅れれば遅れるほど、ご自身の人生の再生が遅くなるという事を理解しておかなくてはなりません。実施するなら早めにおこなうことが得策ということです。

債務整理のメリットは大きく4つあります。

1.債権者との交渉によって借金を減額できます。

2.貸金業者が不当な利息を設定していた場合、過払い金を返還してもらえます。過払い金は利息制限法を超えた金利に適用され、借り入れ期間が長いほど返還金は多くなります。10年の時効までさかのぼって請求できることもメリットです。

3.債務整理をおこなうと、以降は金利の上乗せがありません。そのため返済額は全て元本にあてられて、債務整理前よりも早いスピードで借金が減っていきます。

4.債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、受任通知書が発送されます。これを受け取った債権者は催促や請求ができません。法的に認められている行為で、電話や書面でも請求できなくなります。

デメリットは大きく分けて3つです。

1.債務整理をおこなうとブラックリストに掲載され、以降はローン借り入れやクレジットカードの発行・使用ができません。

2.自己破産や個人再生手続きをおこなうと、官報に住所や氏名が記載されます。ただし、官報は一般に流通していない専門誌ですので、知人や友人に知られることはありません。

3.自己破産をおこなうと、一部の職業に就くことが制限されます。短期間ですが職業に対する制限がかかるのはデメリットです。

このようなメリットとデメリットがありますので、債務整理の際は弁護士や司法書士に詳しく相談してみましょう。

債務整理のQ&A

自己破産後の携帯電話の購入方法を教えて
自己破産をおこなった後には、ブラックとなるためクレジットカードが使えなくなります。ですので携帯電話を新規で購入する際にはカードでの分割購入はできません。
自己破産後に借りるのが難しい賃貸物件を教えて
賃貸で借りる物件にもよります。一般的な賃貸物件には保証会社が付く事はめったにありませんが、高級賃貸物件や最新のマンションなどには、保証会社が付いているケースがあります。その場合には、破産がネックとなり審査が難しくなります。
自己破産後に就職(転職)できない職種を教えて
まず、自己破産の申立ての際には資格制限があるため就業できない職種があります。以下の職種は免責許可決定までは就業できません。
債務整理後に住宅ローンは組めますか?
債務整理をおこなうと、その後は一生住宅ローンを組めないのではないかと心配している方も多いと思いますが、結論から言えばその心配には及びません。
債務整理したことが家族や職場の同僚・上司にバレないでしょうか?
債務整理したことが第三者にバレるとしたら、まず一つは官報からの情報です。官報とは、政府の機関紙的な役割を持つ新聞のような形態をしたものです。
エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ