債務整理のQ&A

債務整理すると子供・配偶者や親族に迷惑がかかりますか?
債務整理をすることで家族に迷惑が掛かると心配する人が多いようですが、あまり心配する必要は無いでしょう。

債務整理は本人の借金整理です。債務整理をおこなうことで、子どもや配偶者を始めとする家族に金銭的な迷惑が掛かったり、社会生活で不利益を被るようなことはありません。
また、戸籍や住民票などに債務整理をした事実が記載されるようなこともありません。

借金の請求先や返済義務は名義人である本人のみに限られているためです。
そのため、一緒に暮らしている家族であっても借り入れた本人の代わりに借金の返済をする必要はなく、債務整理をしても同様に請求されることは無いのです。
もし、貸金業者などが借入れた本人以外に請求を迫った場合は、法律違反となり処分対象になります。

しかし、家族や親族が保証人や連帯保証人になっていると、返済義務が生じて請求を受けてしまいます。
特に連帯保証人は責任が重く債権者は債務者本人から回収が不可能となれば、連帯保証人から借金の全額返済を請求できます。
連帯保証人は弁解することができず、債務者の代わりに借金を背負うはめになるのです。

つまり債務者が借金から解放されても、保証人や連帯保証人に迷惑が掛かってしまいますから、保証人が設定されている借金については、債務整理の方法を慎重に選ぶ必要があります。

家族が連帯保証人になっているなどの特殊なケースを除けば、前述したように債務整理は個人の問題となります。家族が社会生活や市民生活をおくる上で何ら影響することはないのです。

債務整理のQ&A

自己破産後の携帯電話の購入方法を教えて
自己破産をおこなった後には、ブラックとなるためクレジットカードが使えなくなります。ですので携帯電話を新規で購入する際にはカードでの分割購入はできません。
自己破産後に借りるのが難しい賃貸物件を教えて
賃貸で借りる物件にもよります。一般的な賃貸物件には保証会社が付く事はめったにありませんが、高級賃貸物件や最新のマンションなどには、保証会社が付いているケースがあります。その場合には、破産がネックとなり審査が難しくなります。
自己破産後に就職(転職)できない職種を教えて
まず、自己破産の申立ての際には資格制限があるため就業できない職種があります。以下の職種は免責許可決定までは就業できません。
債務整理後に住宅ローンは組めますか?
債務整理をおこなうと、その後は一生住宅ローンを組めないのではないかと心配している方も多いと思いますが、結論から言えばその心配には及びません。
債務整理したことが家族や職場の同僚・上司にバレないでしょうか?
債務整理したことが第三者にバレるとしたら、まず一つは官報からの情報です。官報とは、政府の機関紙的な役割を持つ新聞のような形態をしたものです。
エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ