多重債務者でも借してくれる貸金業者に注意

多重債務者でも融資OKという謳い文句で広告を出している貸金業者は間違いなく違法業者です。普通の貸金業者なら、たくさんの債務を抱えた人にお金を貸すのはリスクが高いと判断しますので簡単には融資はしません。

多重債務者を狙った貸金業者の場合、多くが非合法な営業をおこなう「街金」か「ヤミ金」のいずれかになります。

もし、多重債務者のあなたに「お金を貸します」と近寄ってくる相手は、必ずこの手の悪質な貸金業者ですので決してお金を借りてはいけません。

街金とは

街金とは、大手消費者金融などと違って駅前の一等地に店舗を構えずに町中にぽつんと店舗を構える貸金業者が多いため、このような言葉が生まれました。

そのほとんどが信用情報機関に登録していない貸金業者ばかりで、大手の消費者金融で審査が通らない借り手をターゲットにして営業しています。

貸金業者としての営業許可は持っているように見せかけたりして、お客を騙す業者が多いようです。店舗の名前も大手金融会社と似たような名称にして安心させるのも常套手段です。

融資の際に元々の元本に対して利息を設定するなど、返済を続けても、利息の額は同じままと言う一種の詐術行為をおこなう店もあります。

また、融資の際には担保設定と連帯保証人設定を厳しくおこない、仮に現金回収ができなくても、担保あるいは保証人からの回収を目的としている店もあります。

さらに、一度完済すると、しつこく融資を迫るなどして利用者の囲い込みをおこなう事もあります。このような街金は返済ができなくなると厳しい取立・催促をおこないます。
消費者金融が貸してくれないからと言ってこのような街金に手を出してはいけません。

他にも、街金の中には「自動車金融」、「バイク金融」など担保狙いの違法な貸付をおこなっている業者もありますので注意しましょう。

ヤミ金融とは

ヤミ金融は、テレビドラマや映画で話題になった「ヤミ金ウシジマくん」で有名になりましたが、そのほとんどが貸金業の登録をしていない非合法な業者ばかりです。

電柱看板、チラシ、スポーツ紙への広告あるいは、官報に載った自己破産者宛にダイレクトメールを送るなどして利用者を集めています。大手消費者金融の融資審査が厳しくなると、これらの違法なヤミ金に流れる利用者が増える傾向があります。

このヤミ金は、担保は取らずに保証人も設定しないケースもあり、ある意味借りやすいのですが、問題は異常なまでの利息の高さです。利息制限法の範囲は最大で年利20%ですが、ヤミ金の場合は10日で1割(トイチ)や、ひどいところでは10日で5割(トゴ)といった利息を設定しています。

5万円借りれば10日後の利息は5千円。50万円なら10日後に5万円になります。これが5割となると、50万円借りれば10日後の利息は25万円という信じられないような利息が設定されています。

そして、もし返済が遅れるような事があると昼夜関係なく猛烈な追い込み(取立)をおこないます。

一般的に利息が高いと言われている消費者金融でも年利29.2%。50万円を借入れた場合、5年間で返済計画をシミュレートすると返済額の合計は948,572円です。そのうち利息は448,572円。借りた金額の約2倍を完済することになります。

これが借金の落とし穴です。金利の設定は『利息制限法』で上限が定められていますが、それでも最大20%。年利20%を超える利息設定は違法な金利です。

しかし、ヤミ金にいたってはルールが存在しません。一度手を出してしまったら逃げられなくなりますので、絶対に手を出してはいけません。

参考:http://yamikin.kinri.jp/(全国闇金データベース)

悪質な偽装質屋

昨今、ヤミ金業者が営業形態を変えて悪質な貸付をおこなっているのが偽装質屋です。偽装質屋とは、利用者が持つ安物の商品を質草として入れさせ、その数十倍にのぼる高額な金額を貸し付けます。質屋の場合は、金利制限が109.5%という高い設定になっているため、高金利での貸付ができるという事になります。

当然、裏の顔はヤミ金業者ですので、返済できなくなると苛烈な取立をおこないます。

特に高齢者が狙われるケースが多く、高齢者の年金を目当てに貸付をおこない、年金をむしりとるという行為が社会問題化しています。

偽装質屋は、質屋の営業許可を取っており、一見合法なビジネスを装っていますが、実際には質屋としての業務はおこなっておらず、このような悪質な貸金業を目的に営業しています。

多重債務を狙った悪徳な手口

お金を融資すると見せかけて実際には融資はおこなわず保証金や担保を取って逃げるなどの貸金業者と見せかけた詐欺行為があります。

そんなに簡単にお金を貸してくれるようなうまい話はありません。夕刊紙やスポーツ紙などの三行広告に違法貸金業者が広告を出していますが、手を出してはいけません。

貸します詐欺

金融機関の名称や登録業者の登録番号をごまかしてダイレクトメールを送り、融資を希望する人に対して保証料を請求する。実際にお金を貸すことはない。

審査に関する調査費を請求する

審査する段階で調査費を請求されるが、「自己破産について」や「裁判の方法」など簡単なマニュアルを送ってくるだけで融資しない。

ほかの金融業者を紹介する(通称は「紹介屋」)

「あなたでも融資可能な金融屋を紹介する。ただし、紹介されたと言ってはダメですよ」などと言い、実際に融資が受けられれば高額な紹介料を請求してくる。

登録情報詐欺(通称は「消し屋」)

「あなたの信用情報を変更して、借入枠を広げてあげます」などと言い、手数料を請求する。もちろん、信用情報機関の信用情報を操作することは不可能なので詐欺である。

借金一本化、または、おまとめローン(通称は「整理屋」)

複数の借金を低利息な金融業者で一本化するといった誘い文句。保証料や手数料を請求してくるが、実際には借金が一本化されることはない。

保証金詐欺

「信用を高めるために保証金を支払って欲しい」などと言い、多額の保証金を請求するが、融資されることはなく連絡が途絶えてしまう。

回収業者を名乗る詐欺(通称は「債権譲渡詐欺」)

オレオレ詐欺の金融バージョン。正確な情報は持っていないのに、「取立てを頼まれたので指定の口座に振り込んでください」などと言い、お金をだまし取る典型的な詐欺方法。

クレジットカード現金化

クレジットカードの融資枠の与信がなくなっても、ショッピング枠なら限度額が残っている場合があります。債務者にショッピング枠を使わせて高額商品を購入させて、その商品を安く買い取るという悪質業者があります。

参考:http://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/ihou.pdf(違法な金融業者リスト)

もし、街金、ヤミ金、偽装質屋などから融資を受けてしまい、催促・取立に遭い苦しんでいる方は、借金問題に強い弁護士、司法書士に相談しましょう。取立が止まるアドバイスをおこなってくれます。

借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

債務整理の実績豊富な専門家【相談無料・全国対応】

サンク総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方、当事務所が最善の解決策を提案致します。迅速に、ご納得戴ける結果をお望みなら、まずは、無料相談をお受け下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

新大阪法務事務所
親切・丁寧・低価格を実現する借金解決の専門家です。お金の悩みを抱えた依頼者に親しみやすさと真剣さで全力で向き合います。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ