債務整理の用語集

担保(たんぽ)

担保とは、お金を貸す側が貸したお金を回収できない場合に備えて、借りる人が持っている資産を保険として抑えておくという意味でよく使われます。

さらに詳しく説明すると、担保とは債務者が債務(ローン等の返済)を履行しない場合に備えて、債権者に提供される債権の補填や弁済を確保する物や手段となるものを言います。

担保の種類は、大きく2種類に分類され、抵当権(債務者が差し出した不動産等を債権者が専有使用せず、その物の交換価値を支配する担保物権)や質権(担保物物を債権者が留保する担保物権)など特定の財産(物)をもって担保とする「物的担保」と、債務者以外の第三者の一般財産をもって担保とするものである「人的担保(保証)」(人の資力、信用力によるもので、連帯債務や連帯保証人等の形態がある)の二つがあります。

また、担保には、大きく分けて被担保債権の履行を強制する二つの効力があり、この1つが優先弁済的効力と呼ばれるものです。具体的には、債務不履行の際に、担保目的物から、他の債権者に先立って優先的に債権の補填を受けうる効力です。

担保のもう一つの効力は、留置的効力です。この効力は、債務不履行の際に、担保目的物を留置(債務を弁済するまで、支配下や手元におく物を債務者に渡さない)できることで、間接的に債務者に履行を強制する効力です。

担保物権の基本的性質は、主たる債務または被担保債権が成立しなければ成立しない付従性、債権の移転と共に移る随伴性、不可分性、そして、物的担保の場合は、担保の目的物が売却されたり身体消滅された場合に代金等に変化した時は、その発生した損害賠償金や売却代金、賃用等の請求権の上に存するという物上代位性を有しています。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ