債務整理の用語集

弁済(べんさい)

弁済とは、簡単に言うと債務者が債権の返済をおこなうこと、履行することを言います。

具体的には、債権の目的が金銭の返済である場合は、金銭の支払いであり、債権の目的が物の引渡しである場合は物の引渡しで、講演者や演技者が会場で講演したり、演技することも、債権の目的を達成することになるので弁済と言えます。

弁済の効果は「債務の消滅」で、当然ですが借金の残高全額を支払えば債務は消滅します。

また、弁済の要件は、債務の消滅に向けられた行為が要件になります。ただし、弁済では、民法の原則である意思主義(その法律行為が効果を発生させるには、その行為に意思の裏付けが必要)は貫かれておらず、弁済の意思は要件ではなく、その行為が弁済行為と客観的に認められれば弁済になります。

債権・債務を消滅させる行為は、債権者側と債務者側で表裏一体をなしていて、そのうち弁済は、債権の消滅という観点から見た表現です。

一方、債権の実現という観点から見ると、弁済は債務の履行と表現されます。また、弁済あるいは履行は同じことを観点を変えた表現ですが、その対象となる物や権利に着目すれば、弁済は「給付」という表現に変わることもあります。

債務の弁済は、「債務の本旨」に従って行わなければならず、これがなされない場合を債務不履行と言い、履行遅滞・不完全履行・履行不能の3つに分類されます。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ