債務整理の用語集

与信(よしん)

与信(よしん)とは、融資や信用取引などの融資に関する枠を供与することで、一般的に「商取引において取引相手に信用を供与すること」を意味します。

例えば、商品を販売する場合、商品を先に渡して代金は後で回収することが行われる場合がありますが、この取引において、販売先に対して商品の代金を回収するまで「信用を与える」ことを「与信」といいます。

この信用を与える間の売上債権を管理することを「与信管理」と言い、取引先の危険度の状態に応じて、取引可否や取引の規模を考える方法です。

取引先が倒産した場合の具体的な損失は、売掛金や手形などの売上債権の金額分なので、この残高をコントロールするのが与信管理です。

安全な会社や信用力ある個人に対しては、この売上債権残高の上限として許される信用枠を大きく取り、危険性の高い会社や個人には、この信用枠を小さくするという考え方です。

与信はその人(会社)の「返済能力)」「返済資質」「返済担保」の三つを総合的に評価して与えられると言えます。

この内、どの部分が最も重要視されるかは、ローンの内容や契約内容によって各々違いますが、例えばクレジットカードの発行の場合は、基本的に無担保となるので、個人の能力や資質が重要視されると言えます。

また、住宅ローンを組む場合、高額で長期的な返済となるので、「担保」が最重要視され、「能力」や「資質」についても与信判断において重要な判断材料になります。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ