債務整理の用語集

引き直し計算(ひきなおしけいさん)

債務整理で貸金業者に対して借金減額交渉をおこなう際や、過払い金請求をおこなう時に、必ず引き直し計算をおこないます。

過去にいくつかの貸金業者から融資を受けて法定外利息で返済していた場合には、それぞれの貸金業者から取引履歴を取り寄せて利息の引き直し計算をおこないます。計算方法は、法定外利息で返済した金額から法定内利息で計算しなおした金額を差し引きます。この差額が過払い金の元本になります。(実際の請求時には、この過払い金元本に年率5%の利息を上乗せします)

利息の引き直し計算は、個人でもおこなうことができますが、複数の借入先があったり、返済期間が長期にわたっている場合には、弁護士、司法書士など専門家に依頼するのが確実です。貸金業者の中には、虚偽の引き直し計算表を算出して、それを元に示談交渉をしてくるような業者があります。その場合に、どちらの引き直し計算が正しいのか押し問答となって早く解決できないケースがよくあるためです。

専門家に依頼すれば、正確な計算式の過払い金が算出されますし、なおかつ専門家が算出したというお墨付きが得られます。結果的に正当な金額の過払い金を取戻すことが可能になります。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ