債務整理の用語集

任意売却(にんいばいきゃく)

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になり家を手放さなくてはならなくなった人が、競売にかけずに市場価格に近い高値で売却する方法です。不動産業者や弁護士などが仲介役となり、抵当権を持つ金融機関との調整をおこない該当する不動産を第三者に売却します。

競売は、購入価格よりも売値が半値以下になることも多かったり、買い手が付かない場合もあります。また、新聞などに競売情報が載るため、借金により家を手放すことが周囲にバレてしまいます。また、競売で売却できたとしても、家は無いのに多額の住宅ローンを払い続けなくてはなりません。また、売却後はすぐに家を出なくてはならないこともありデメリットが多い手続きです。

その点、任意売却は、市場価格に近い金額で売却することができますし、隣近所にもバレずに手続きを進めることができます。また、仲介する任意売却業者が引越し費用を捻出してくれるケースもあります。

不況の影響により、住宅ローンの返済で苦しんでいる人が増えていますが、それと平行して任意売却を利用する人は増加しています。これらの社会ニーズを踏まえて、債務整理に強い弁護士、司法書士など専門家の中には、借金問題の一つとして任意売却の業務をおこなっている事務所があります。

これらの借金の専門家なら、任意売却により住宅を手放さずに債務整理できる方法を提案してくれる可能性があります。せっかく、購入した住宅ですから、できれば手放したくないものです。住宅ローンの返済で行き詰まったら、まずは専門家に相談してみましょう。

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ