個人再生のデメリットには何があるの

個人再生は、債務整理の法的手続きとしてデメリットはそんなに多くありません。

法的手続きですので、もちろんいくつかのデメリットはありますが、多額の借金と多重債務がある人で、借金を減額すれば完済できる能力がある人なら有利な債務整理の手段です。

もし、検討するなら個人再生のメリットとデメリットを踏まえて申立て手続きをするか考えていかなくてはなりません。

このコラムでは、個人再生の手続き上でのデメリットと個人再生後に起きるデメリットについて解説していきます。

個人再生の手続き上のデメリット

個人再生の手続き時のデメリットは、裁判所を介した手続きであるため、申立の手続きが煩雑で再生許可が得られるまでは最長で1年以上かかることもあります。

また、申立時に提出する再建計画書は正確な記述が必要であり、債権者が納得するような内容でなくては同意を得られないことがあります。同意を得られないということは申立が不許可になります。

例えば、申立て書類に不備があれば差し戻しになりますし、もし虚偽の申立をして、それが発覚した場合には不許可となります。その際に、弁護士に依頼していた場合、当然ながら弁護士へ払った着手金などの費用は戻ってきません。

もし、ご自身で個人再生手続きをおこなおうとすると、裁判所にも頻繁に行く必要性が出てきます。時間的な拘束も覚悟しなくてはなりません。個人再生は簡単な手続きではありませんので、弁護士に依頼するケースが一般的です。その際には、弁護士費用が発生しますので、これもデメリットと言っても良いでしょう。

個人再生後のデメリット

手続き後のデメリットとしては、他の債務整理と同様で信用情報機関にブラックリストとして登録されます。クレジットカードの発行や新規ローンは一定期間組めなくなります。官報という国の機関紙的な新聞に名前、住所などの個人情報が載ります。

また、再生許可が下りて残債を返済途中に経済的な事情(ハードシップ免責を除く)により返済できなくなった場合には再生手続きが取り消されてしまいます。

返済できなくなったら、残る選択肢は自己破産のみということになりますので注意が必要です。

個人再生のデメリット

1 個人再生手続きをおこなうと、金融事故情報としてブラックリストに載ってしまいます。その後5~10年までは新たなローンやクレジットカードの発行・使用が制限されます。住宅ローンの借り換えも同様です。
2 官報という言わば政府の機関紙に個人再生をおこなったことが掲載されます。(一般の人が目に触れる機会はほとんどありませんので、それほど心配することはありません)
3 借金の中に連帯保証人が設定されている場合に個人再生をおこなえば、保証人に借金返済の請求が行きます。保証人に事前に相談の上、手続きを検討する必要があります。
4 他の債務整理よりも手続きが複雑です。裁判所へ提出する書類も多く「再建計画書」の作成は専門家のアドバイスが欠かせません。再生委員が全て細かくサポートしてくれない場合がありますので、費用は発生しますが、弁護士、司法書士など専門家に依頼して進めるのが適切です。自分自身でおこなうのは難しい債務整理の方法です。
借金問題をなくすため、ソーシャルメディアで共有をお願いします。

債務整理の実績豊富な専門家

樋口総合法律事務所
借金問題で悩むのはもう止めましょう。弁護士があなたに適した解決手段をご提案します。初期費用は0円で分割・後払いも可能です。

メールで無料相談

事務所詳細

日野司法書士事務所
債務整理でお悩みの方、当事務所が最善の解決策を提案致します。迅速に、ご納得戴ける結果をお望みなら、まずは、無料相談をお受け下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

板垣法律事務所
地元の埼玉県から周辺地域にお住まいで借金問題で苦しまれている方を数多く救済してきました。1人で悩まずお気軽にご相談下さい。

メールで無料相談

事務所詳細

エリア別で債務整理の実績豊富な専門家を探す
地域を絞り込む
都道府県

無料相談で借金のお悩み解決しませんか?借金をゼロに!!そして、過払い金を取り戻しましょう!!借金をなくして生まれ変わりましょう!早期解決を提案します!多数の事例を解決してきた安心・信頼できる法律のプロを紹介してます。当サイトが絶対的に自信を持ってオススメする弁護士、司法書士を紹介しております。

ページトップへ